講師プロフィール

市ヶ谷・飯田橋を中心に丁寧な指導に定評のある着付け教室を展開

目的やご要望に寄り添いながらレッスンをカスタマイズします

オフィスや学校が建ち並ぶ活気溢れる街市ヶ谷・飯田橋で、様々な目的を持つ生徒さんが集まる着付け教室を運営しています。趣味として楽しまれる方はもちろん、将来的には指導する立場になって活躍したいとお考えの方もいらっしゃいます。それぞれの目標やご要望に合わせて、レッスン内容をカスタマイズしながら指導を行っています。体験レッスンからコースまで、全てのレッスンを代表自らが担当しておりますので、指導方針や内容にブレが無く、常に高いクオリティーのレッスンをご受講いただけます。

img01

講師プロフィールtakako okamoto

趣味

食べ歩き(食べることが大好き♪特に好きなのは天ぷらと鰻),落語を聞きにいくこと(古今亭文菊さん桃月庵白酒さんがお気に入り)

習い事

筆ペン習字,茶道(裏千家)は細く長く、お稽古しています

好きな場所

野菜直売所,道の駅,温泉

得意・不得意

これが得意・・荷造り,ぬか漬け,味噌づくり

これは苦手・・メイク,人の多い場所(バーゲン,満員電車)

ご挨拶

高校生のころから装道きもの学院で着付けを習い、18歳で振袖の自装ができるようになりました。
学院主催の舞台上で着装技術を競うコンテストにて、地方大会を勝ち抜きNHKホールでの全国大会で振袖の部、留袖の部にて複数回入賞を果たしました。長襦袢を着た状態から、帯結びまでの着装を15分程度で完成させるコンテストです。

鏡に頼らず、無駄な動きをせず、最短の手順で美しく着つける技術は、この時の猛特訓のたまものです。
短期大学卒業後、15年航空会社で客室乗務員として勤務、実家の老舗呉服店で11年あまり勤務しました。

お客様が着物を着て出かけたときに、どれだけ女性として自信をもつことができたか、どれだけ人の心を癒し感謝されたか、そんな美しい体験をたくさん聞きながらも、一方で「着付けによって、着物が好きにもなり、嫌いにもなる」ということも日々感じていました。
着付けが人任せだと、普段から着物を着ることが難しくなってしまいます。
自分で自分の着付けをすることで、着物を自然にライフスタイルに取り入れ、たくさんの美しい体験をしてほしいと、強く願うようになりました。
神楽坂駅近くに神楽坂 多千花きもの着付け教室をオープン。

生徒さんの心にたくさんの花が咲くようにと願いをこめて名付けました。白を基調とした清潔感あふれる空間で、玄関には季節の花がお出迎えしています。

生徒さん一人ひとりに寄り添う教室を目指しています。

これまで、多くの生徒さんを指導してきた経験を活かして、間違えやすい部分や難しい技術については特に丁寧な指導を心掛けております。マンツーマンレッスンを基本としているため、他の方の様子を気にする事無く、ご自身のペースでスキルアップが目指せるのも人気の理由です。レッスンの際に使用する着物や帯は、正絹の上質な物を教室でレンタル用としてご用意しております。特に習い始めの頃は、余計な力をかけて大切な着物を傷めてしまう事もあるので、レンタルのご利用をおすすめしています。

また、小物類等は全て次回のレッスンまで教室で大切にお預かりするサービスも行っております。お仕事帰りや学校帰りにお立ち寄りいただく際にも、手ぶらでお越しいただけるのも人気の理由です。通いやすく、利用しやすいシステムやサービスの導入に努めています。